郵便料金の改定で封書やゆうメール・ミニレターの料金はどうなるの?

郵便料金 改定 封書

郵便料金の2017年6月の改定ではがきは値上げされましたが、
封書は値上げになるのでしょうか?

郵便にはいろいろ種類があって、
定形内郵便、定形外郵便、ゆうパック、ミニレターなど
それそれの郵便料金は値上げされるか、調べてみました。

スポンサードリンク

郵便料金の改定で封書は値上げになるの?

郵便料金の2017年6月の改定ではがきは52円から62円に値上げされました。

はがきの値上げについてはニュースではよく報道されますが、
封書についてはあまり聞かないですよね。

今回の改定では、
定形内郵便物の封書は据え置きになります。

定形内郵便物とは、
幅12cm、高さ23.5cm、厚み1cmまで の大きさで、
郵便料金は25g以内は82円、50g以内は92円です。

2017年6月郵便料金 改定 pdf

郵便料金の改定で定形外は値上げです

郵便料金の改定で定形外は一部値上げになります。

この一部っていうのが曲者で、わかりずらくなるのですが、
今回の改定で「規格内」「規格外」という枠が新しくできます。

規格内というのは、
長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 cm以内及び重量1kg以内
というもので、
それ以外は規格外です。

規格内なら250g以内は料金が据え置き、
それ以上は値上げになります。

規格外は、すべて値上げです。

郵便料金 改定 定形外

ゆうメールの料金も値上げになります

ゆうメールの料金も郵便料金の改定で値上げになります。

ゆうメールも定形外郵便と同様に、
今回の改定で「規格内」「規格外」という枠が新しくできます。

規格内というのは、
長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3 ㎝以内及び重量 1kg 以内
というもので、
それ以外は規格外です。

規格内なら1㎏以内は料金が据え置き、それ以上は取り扱いません。

規格外はすべて値上げで、3㎏以内まで送れます。

ミニレターも値上げになるの?

あれこれ値上げになってくると、ミニレターはどうなんだろうと、
考えてしまいますよね。

ミニレターとは、便箋がそのまま封筒になっているようなものです。
便箋を折りたたむと、封筒になって送れるんですね。

あらかじめ郵便料金が印刷しているので、
封筒になっているハガキみたいなイメージです。

郵便局の窓口で、普通に買えますよ。

ミニレターは、62円のまま据え置き料金になっています。

はがきが値上げになった理由

日本郵便の郵便事業の営業損益は2016年3月期は黒字だったものの、
はがきは収益性の低いので294億円の赤字でした。

郵便事業は、集配や配達が義務付けられているので、
どうしても人件費がかさんでしまうそうです。

このままはがきを値上げしないと
郵便事業全体が赤字転落する見通しとなるため、
値上げに踏み切ったのだとか。

消費税が引き上げられると、
さらなる値上げもあるかもしれないそうです。

理由はわかりますが、使う方としてはため息出ちゃいますね。

まとめ

郵便料金の改定は、封書は定形内は据え置きのものもありますが、
定形外は値上げになります。
ゆうメールの料金も同様ですね。
ミニレターは値上げにならず62円のまま据え置きです。

はがきの値上げの理由は、人件費等があげられます。
いろいろなものが値上げになりますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


◇おすすめ記事◇