かぼちゃの選び方 種類 保存方法 冷凍保存方法

かぼちゃ 選び方

かぼちゃは夏~初秋に旬をむかえる夏野菜。
かぼちゃの煮もの、かぼちゃの天ぷら、かぼちゃスープなどお料理のレシピも豊富ですね。
スーパーでかぼちゃを選ぶ時の注意点や保存法を知っておきましょう。

スポンサードリンク

かぼちゃの選び方

かぼちゃの表面の緑色が濃く、持ったときズッシリと重いものがいいですね。
茎の切り口がきれいに乾燥しているものが、追熟していて甘みがあります。

カットして売られているかぼちゃは、黄色がきれいで厚みがあり、
種がぎっしり詰まっているもの、ワタが乾いてないものを選びましょう。

かぼちゃの種類

かぼちゃの種類は多く、現在日本で栽培されているかぼちゃは3種類、
日本かぼちゃ、西洋かぼちゃ、ペポかぼちゃです。

かぼちゃ 種類

かぼちゃの種類には、日本かぼちゃの日本南瓜、西洋かぼちゃの黒皮栗南瓜、ペポかぼちゃの金糸瓜、
最近日本で作られ始めたアメリカで人気のバターナッツなどがあります。
金糸瓜は、そうめんかぼちゃといった方がわかりやすいかもしれませんね。

スポンサードリンク



かぼちゃの保存方法、冷凍保存方法

かぼちゃは常温、冷蔵、冷凍保存できます。

かぼちゃ(丸ごと)の常温保存方法
かぼちゃは、風邪通しの良い場所で保存します。
この場合のかぼちゃの保存期間は、1~2ヶ月程度です。

かぼちゃの冷蔵保存方法
カットしたかぼちゃは痛みやすいので、種やわたの部分をくり抜いて、
ラップして冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
この場合のかぼちゃの保存期間は、4~5日程度です。
かぼちゃの冷凍保存方法
使いやすい大きさに切って、フリーザーバッグ等に入れて冷凍庫で保存します。
冷凍したかぼちゃは、解凍するとべチャッとしてしまうので、凍ったまま鍋にいれましょう。
調理済みの煮物も冷凍が可能で、その場合は自然解凍しましょう。
この場合のかぼちゃの保存期間は、1ヶ月程度です。

まとめ

丸ごと一個のかぼちゃを切り分けるのって、チカラもいるし、すべってしまって大変ですよね。
へたは本当に固いので、へたを避けて包丁を入れましょう。
ラップをして電子レンジで少し柔らかくして、カットするのもいいですよ。

農家の方が精魂込めて作られた野菜です。おいしく残さずいただきたいですね。


◇おすすめ記事◇