胃痛の予防法 食事・お酒・ストレス

胃痛を起こしやすい方は、
日ごろから胃痛の予防方法を実践しましょう。

あの痛み、もう経験したくないですよね。

スポンサードリンク

胃痛の予防 食事編

胃の負担を軽くするため、胃にやさしい食生活を心がけましょう。

暴飲暴食を避け、腹八分目を心がけましょう。
早食いをせず、よく噛んで楽しみながら食べましょう。

胃の粘膜を刺激したり、胃酸の分泌を促す、辛かったり味の濃すぎる料理や炭酸飲料、
コーヒーなどの刺激物は控えましょう

熱いもの、冷たいものも胃に負担をかけるので避けましょう。

や胃の粘膜に栄養を供給する血液の流れを低下させる喫煙も避けましょう。

胃痛の予防 お酒編

アルコールが胃の粘膜を刺激したり、胃酸の分泌を促したりするので
お酒の飲み過ぎも避けましょう。

お酒を飲む時には、肴に良質のタンパク質をとることが大切です。
枝豆、豆腐、カキフライ、アサリの酒蒸しなど、
居酒屋さんによくあるメニューなので、
一品は必ず頼むようにしたいですね。

お酒とは別に水分を補給することも大切です。

スポンサードリンク

胃痛の予防 ストレス編

ストレスをためない、のがいいことはわかっているのですが、
なかなか難しいですよね。

気持ちを切り替えたり、
趣味などで上手にストレスを解消するようにしましょう。

自律神経の働きを整え、胃腸の機能を高めるので、
ウォーキングなど適度な運動をしましょう。

睡眠不足や不規則な生活は、
自律神経の機能を乱して胃粘膜を荒らしたり、食生活の乱れにもつながります。
十分な睡眠と規則正しい生活を送りましょう。

まとめ

胃痛を起こしてから治すよりも、
胃痛を起こさない生活を送るようにしましょう。

あの痛み、たまらないでしょ?
だったら、まず腹八分目から始めましょう。

■更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇