年賀状に句読点は?使用するペンは?NGな忌み言葉

年賀状 句読点

知っているようで知らない年賀状の常識
年賀状の文面に句読点打ってませんか?どんなペンを使ってますか?
年賀状に関するあれこれをご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状に句読点はいらない

年賀状のあいさつ文には、
「、」「。」などの句読点はつけません。

そもそも、日本語には句読点は存在していなかったのですが、
文章の切れ目がわかりやすいように句読点が使われるようになったのです。

昔の手紙には、句読点を入れていなかったので、
その名残で年賀状のあいさつ文にも句読点を使わないのです。

また、年初めの挨拶で「区切りをつけないために句読点は用いない」
という意味もあります。

ただ、あまり長いあいさつ文だと読みづらいので、
改行するなどして、読みやすくなるよう気をつけましょう。

とはいえ、最近は句読点を使っている年賀状も多くなってきています。
時代の流れということでしょうね。

年賀状に使用するペンは?

年賀状には、一番いいのはやっぱり筆です。
筆でなければ筆ペンです。

年賀状 ペン

筆がいいのはわかっているのですが、なかなか使いこなせないですよね。

年賀状は太く力強い文字の方が、おめでたい印象を与えてくれるので、
次にいいのは、油性のフェルトペンですね。

ボールペンは、文字自体が細いのと、
事務的なイメージになってしまうので、あまり使わない方がいいですね。

ペン違いですけど、
修正ペンで修正するのは絶対やめましょう
一年の最初のご挨拶を、ごまかしてはいけません。
書き損じたら、書き直しましょう。

スポンサードリンク

年賀状に忌み言葉は避ける

おめでたい年賀状に、
「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」
「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」など
縁起の悪い表現は避けましょう

特に間違いやすい言葉として「去年」がありますが、
「昨年」「旧年」を使用するようにしましょう。

年賀状に限りませんけど、
誤字脱字がないかはしっかり確認しましょうね。

まとめ

わかっているようで、出来てないことってありますよね。
年賀状のマナーを学んで、
新しい年を気持ちよく迎えたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■

コメント