年賀状は喪中になったら返品できる?交換期間と手続方法

年賀状 返品

年末になって急に親戚に不幸が起こったとき、
すでに買っている年賀状はどうなるのでしょう?
返品ができるのかどうか、知りたいですよね。

スポンサードリンク

年賀状は喪中になったとき返品できるの?

いつ不幸が起こるかなんて、正直誰にもわかりません。

年末になって急に喪中になったとき、
準備していた年賀状が全て無駄になるのでしょうか?

答えは、ノー!

郵便局で現金化は無理ですが、
無料ではがきや切手に交換してくれますよ。

裏をすでに印刷していても、大丈夫です。

お年玉付郵便はがきや寄附金付お年玉付郵便切手は、
通常切手(弔事用切手)、通常はがき、往復はがき、郵便書簡
に交換できます。

喪中になり使わなくなった年賀状の交換期間は?

無料で交換してくれる期間は、販売期間終了日まで
2016年の年賀状の販売期間は、2016年1月8日までです。

2016年1月9日を過ぎてしまったら、
2016年用年賀お年玉くじ抽せん日が2016年1月17日なので、
当選番号をチェックしたうえで、手数料5円で交換しましょう。

ちなみに、1等は現金10万円ですよ。

スポンサードリンク

年賀はがきの交換手続き方法

簡易郵便局以外の郵便局に年賀はがきを持っていって、
喪中になったので交換してほしいと伝えます。

基本的に証明書などは必要なく
郵便局の窓口で備え付けの用紙に
亡くなった方との続柄が親、兄弟など記されているので○をし、
住所、氏名を記入するだけです。

ただし、とても大量の場合は証明書がいる場合もあるそうです。

まとめ

近親者の方の不幸は突然起こるもの。
準備していた年賀状も無料で交換できますから利用しましょうね。

こちらの情報も参考に→ はがきの交換をするのに窓口に行ってきました

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇