インフルエンザにかかったら何日間会社を休む?報告は?

インフルエンザにかかったら何日間、会社を休む必要があるのか、
実は法律では決まっていません。

とはいえ、自己判断で出勤しては、
ウイルスをまき散らして2次感染をおこしかねません。
では、どうしたらいいのでしょう。

スポンサードリンク

インフルエンザにかかったら何日間会社を休む?

何日休む必要があるのか、法律はないんですよね。

学校保健法を基準にして、
発症後5日を経過し、かつ解熱したあと2日経過するまで
としている会社が多いですが、
就業規則を確認するか、職場の方に相談しましょう。

熱が下がったらすぐにでも出勤したいとは思いますが、
ウイルスがまだ体内にある場合もありますので、
人にうつさないために、ここはグッと我慢ですね。

また、会社によってはインフルエンザにかかったという
診断書の提出を求められる場合もあります。
これも就業規則を確認するか、職場の方に相談しましょう。

インフルエンザを会社に報告するときに必要なこと

インフルエンザかなと思ったら、
速やかにお医者さんで診察してもらいましょう。

インフルエンザだと診断されたら休まなければいけないので、
会社に報告します

報告する内容は、
病院に行ってインフルエンザと診断されたことを告げ、
何時から症状が出たのが、
現在はどのような病状なのか、38℃の熱がある、頭痛がある、咳こむなど
を説明し、
診断結果からどのくらい安静にしておくように言われたか
を伝えます。

会社の指示を仰いで、インフルエンザを早く治すためにも、
安静にしておきましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの完治目安

インフルエンザが発症してから完治するまでの目安は約1週間です。
ただし、これも個人差はあります。

熱が下がるともう治ったって思いますが、
まだ体内にウイルスがある場合もあるので、
お医者さんから安静にするようにいわれた間は、
おとなしくしておきましょう。

インフルエンザは、熱が出たり自分もキツイですが、
他の人にうつしてしまうことも避けたいですね。

治ったつもりで会社に行って、
それがきっかけで会社中にインフルエンザを蔓延させてしまったら、
元も子もありません。

インフルエンザと診断されたのですから、
安静にして早く回復するように心がけるのが一番です。

まとめ

インフルエンザにかかってしまっても、
仕事が立て込んでいたりすると一日でも早く出社したいものです。

ただ、インフルエンザは伝染性がとても強いので、
あきらめてしっかり安静にし、完治してから出勤するようにしましょうね。

■インフルエンザの更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇