インフルエンザの2016年流行は?しっかり予防しょう

厚生労働省はインフルエンザの流行に関する情報を発表しました。

この冬のインフルエンザは、
例年に比べて極端に流行の始まりが遅いのが特徴です。

スポンサードリンク

インフルエンザの2016年の流行の様子

厚生労働省は2016年1月15日に
全国的にインフルエンザが流行シーズンに入ったことを明らかにしました。

例年インフルエンザは、12~3月に流行しやすいのですが、
今冬は、暖冬だったのでインフルエンザウイルスが増えなかったんですね。

インフルエンザにもいろいろ型があるのですが、
2016年はA型の流行が1月から2月、3月くらいになるかもしれません。
B型の流行は2月以降ですが、流行の可能性が大きいと言われています。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種はこれからでも効果ある?

インフルエンザの予防接種は、
ワクチンを打って抗体ができるまで、2~4週間かかります。
今からでもギリギリ無駄ではないですね。

インフルエンザワクチンは、4つの型のウイルスをいれたものです。

ワクチンは毎年流行株を予想して入れているそうですが、
100%かからないわけではありません。

予防接種をすると、若い人は80%発病を抑えられますが、
高齢者は40~50%しか発病を抑えられません。
ですが、予防接種をしていると、重症化を防げますし、
なんといっても死亡を80%も抑えることができます。

予防接種はしておきましょう

インフルエンザの予防法

まず、手洗いです。
特に外出後や食事前など、
きちんと手洗いすることが大事です。

ウイルスは石けんに弱いので、石けんで洗い、
洗った後は十分水で流し、
清潔なタオルやペーパータオルできれいに拭きとりましょう。

湿度の管理が大切で、50~60%は維持したいところです。

空気が乾燥すると
飛沫によってウイルスが空気中を漂う時間が短くなり、
インフルエンザウイルスが広がりやすくなります。

また、空気が乾燥するとのどの粘膜の
防御機能が低下してしまいます。

流行時期は、
混雑しているところにはウイルスもたくさんあるので、
高齢者や体の弱い方はでかけないようにしましょう。

十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょうね。

まとめ

流行が遅いからと言って
流行の規模が小さいというわけではありません。

厚労省も今年もすべての年齢の方が
インフルエンザに注意する必要があると言っていますので、
しっかり予防しましょうね。

■インフルエンザの更なる情報はこちら■