花粉症の季節に着る洋服は? 帽子も活躍

花粉が飛んでいる時期には、
外出から帰ってきたら家に入る前には洋服や帽子の
花粉を落としてから玄関のドアを開けるようにしましょう。

どうせなら、着ている洋服も花粉が付きにくいものにしたいですよね。
どのようなものが花粉が付きにくいのかご紹介しますね。

スポンサードリンク

花粉症の季節に着る洋服は?

花粉症の季節に着る洋服に求められるのは、花粉が付きにくい素材です。

レザーやポリエステル、ビニールの素材がおススメ!
表面がつるつるしていて、花粉が付きにくいのです。

逆にウールや綿は避けましょう。
ウールや綿は、表面がデコボコしているので、
花粉が引っかかってしまうのです。

静電気によって花粉が近づいてくるので、
静電気の発生を抑制するために、
静電気防止スプレーを洋服にかけておくといいですよ。

静電気対策を洋服にして花粉を寄せ付けない

花粉は、静電気によって引き寄せられてしまいます。

静電気って、素材によってもおこりますが、
こすれることによってもおこるのです。

特別「こする」ことしていないけどな、
って思いますが、実はよくこすっているんです。

カバンとコートって、こすれていますよね。
コートの裾、スラックスの裾もこすれています。

静電気を防ぐために、
外出前にこすれる部分の表と裏の両面に
静電気防止スプレーをしておきましょう。

洗濯できる洋服は、静電気の発生を防げる
柔軟剤を使って仕上げましょう。

クリーニング店の中には、
花粉ガード加工を実施しているお店もありますよ。

スポンサードリンク

花粉症の季節には帽子でも予防

花粉は、髪の毛にくっついて絡まってしまいます。
ついでに、髪の毛についた花粉が、
目や鼻に落ちてきてしまうことも。

帽子をかぶることで、花粉がつくのを防ぎます
表面がつるつるしたナイロン、ポリエステル素材のもので、
つばが大きい帽子がいいですね。

帰宅したら、玄関に帽子置き場を作っておいて、
家の中まで持って入らないようにしておきましょう。

まとめ

花粉が付きにくい素材の洋服や帽子で、
少しでも花粉が付かない工夫をしてくださいね。