花粉の量は2018年福岡はどうなの?花粉を水に変えるってどういうこと?

花粉 2018 福岡

日差しが少し春らしく暖かくなってきましたね。
そうなると飛んでくるのは花粉。
目が痒くなったり鼻水が出たりを落としてしまったりそんな花粉症の症状出ていませんか?
花粉の量は2018年福岡はどうなのでしょうか?
最近よく目にする「花粉を水に変えるマスク」ってなにもの?
花粉症の対策と共にご紹介しますね。

スポンサードリンク

花粉の量は2018年福岡はどうなの?

花粉の量は2018年福岡が多くなると言われています。
原因は、昨年の夏気温が高く日照時間も高かったため、花粉が多くできる要素がたくさんあるんですよね。

いつから花粉が飛び始めるかというと、
1月や2月はとても寒かったのですが、 2月下旬から暖かくなります。
そうなるとスギ花粉が多く飛び始めるんですよね。
特に3月上旬の時期がピークになると予想とされています。

2018年の九州での花粉の飛散量は、昨年に比べ大分を50%程度、熊本は70%、鹿児島や宮崎では90%と少なめですが、北部九州である福岡・佐賀・長崎は110%と多くなっています。

寒さや雪・ 雨で押さえつけられていた花粉が、暖かくなると一気に飛散します。
もう飛び始めているんですよ。
今からでも花粉症の対策はしっかりしていきましょうね。

スポンサードリンク

「花粉を水に変えるマスク」ってなにもの?

市川海老蔵さんが出演されている「花粉を水に変えるマスク」のCM。
海老蔵さんだけでもとてもインパクがあるのですが、そもそも花粉を水に変えるってどういうことなのでしょう?

「花粉を水に変えるマスク」は4層構造となっていて、ハイドロ銀チタンを配合したフィルターを挟み込むことによって花粉などのタンパク質を分解して水に変えるんだそうです。

花粉ってタンパク質なんだ、って今更ながら知りました。
ハウスダストやカビもタンパク質なので、ハイドロ銀チタンが水にかえてくれるそうです。

実際使用した方の口コミを見てみると、正直半信半疑で購入したけど、鼻水やくしゃみが減った気がするという意見でした。
肌ざわりがいいとか、耳に当たる紐もすれて痛くなることがないというもの、毎日使用するものとしては利点ですよね。
花粉症の薬を飲んで眠くなってしまう方は、このマスクを試してみるのもありだと思います。

ただ、高機能のマスクですので、当然お値段はお高め。
これは致し方ないですね。

花粉症対策で快適な日常生活を送りましょう

結局のところ、日々の行動で花粉症対策をすることが、症状を軽くすることにつながります。

外出時には、帽子・メガネ・マスクを着用する。
帰宅時は、花粉を室内に持ち込まないよう洋服をよく払う。
洗濯物を外に干さない。
花粉情報をチェックして、多いときは外出を避けるなど、なるべく花粉に触れないように気を付ける。

⇒ 日本気象協会 花粉情報をチェック!

どうしても辛いときは、避粉地へ逃亡するのもありですね。

まとめ

花粉の量は2018年福岡が多くなりそうです。
早めに対策を取りましょう。

「花粉を水に変えるマスク」といったハイドロ銀チタンを使用したマスクもあります。
少しお高いですが、試してみる価値ありそうです。

日々の花粉症対策することで、少しでも症状を軽くなるといいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント