熱中症の初期症状と応急手当を知って重症化を防ぎましょう

熱中症 初期症状

暑い環境での体調不良は熱中症かもしれません。
熱中症の初期症状や、熱中症の応急手当を知っておくことで、
適切な処置をすることができ軽症ですみます。

熱中症の初期症状と応急手当をご紹介しますね。

スポンサードリンク

熱中症の初期症状とは?

暑い環境での体調不良は、まず、熱中症を疑ってください。

熱中症は症状が本当に多岐にわたっているんですけど、
なんとなくおかしいと思ったら可能性ありです。

熱中症の初期症状の例としては、
クチがとても渇く
からだがだるい
めまいや立ちくらみ
ズキンズキンとする頭痛
生あくび
吐き気や嘔吐
汗が出過ぎる
逆に暑い場所にいるのに汗をかかなくなる
手足のけいれん
からだに触るととても熱をもっている

どれも、ちょっとしたことですよね。

私の場合は、よく汗をかいたり、
からだに触るととても熱をもっているということが多いです。
でもこれって、夏なら普通かな?って思ってしまうことですよね。

周囲の人から「まぶたが重そう」とか「顔が赤い」とか言われて、
初めて熱中症になりかかってる?と自分で気づくこともあります。

何度も経験していると自分で「おかしい」と分かるようになるのですが、
熱中症って、結構自分では気づきにくいものなのですよ。

のちに、生あくびや立ちくらみが出だし、さすがにやばい!と気づくんですけど、
初めてだと自分で気づくのは難しいかもしれませんね。

とにかく、暑い日や場所で、なんとなく体調がすぐれなかったら、
涼しい場所に移動して、水分補給を補給しましょう。

なんとなく体調が悪いだけだからと無理してしまうと、あとがキツイです。
早めに気づいて、休養することが一番ですね。

もし呼びかけに反応がない場合は、
すでに意識の障害がでているので、すぐに病院へ行きましょう。


スポンサードリンク

熱中症の応急手当

熱中症が疑われる時は、
まず意識があるかどうかを確認します。

意識がない場合は、すぐ病院へ行きましょう。

救急車を呼んでいる間、

意識がある場合は、
とにかく涼しい場所へ移動しましょう。

風通しのよい日陰や、エアコンが聞いている室内がいいですね。
できれば、エアコンの風がよく来る場所や扇風機の風をあててあげるといいです。
からだを冷やしてあげることが大切です。

衣服を緩めて、首の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面を冷やしてあげましょう。

私の場合は、ケーキを買ったときについてきた保冷剤を、
いつも冷凍庫で凍らせているので、自宅ではそれを利用したり、
外出時は、スーパーの保冷用の氷を分けてもらったり、
自販機で冷えた缶コーヒーやジュースで首すじを冷やしています。

水分をとれる状態なら、
スポーツドリンクや経口補水液を自分で飲むようにします。

無理に飲ませると誤って水分が気道に流れ込む可能性があるので、
意識がちゃんとあるかどうかを確認してくださいね。

吐き気がある場合も飲ませないようにして、
病院へ行くようにしましょう。

症状が落ち着くようであれば、
安静にして休息をとるようにしましょう。

私は、涼しい部屋で寝るようにしています。
寝るのが一番です。

救急車等を呼んでいる場合も、
車が来るまで涼しい場所に移動して、からだを冷やしてあげましょう。

水分が取れない場合や症状の改善がない場合は、
病院へ行きましょう。

病院に着いたら、
付き添いの方はどのような状況下でなって現在どういう状態なのか、
説明してあげてくださいね。

まとめ

熱中症は、自分では気づかないこともあります。
特に、初めて熱中症になる場合は、わからないことが多いのではないでしょうか。

熱中症の初期症状を知っておくことで、
自分のことでも、周囲のひとでも、
熱中症に早めに気づくことで、
適切な処置をすることができ軽症ですみます。

熱中症の応急手当を知っておくと、
慌てることなく対処できますね。

意識がないときはもちろんですが、
水分が取れない場合や症状の改善がない場合でも、
病院へ行きましょう。

熱中症に対する知識が増えると、重症化を防ぎ、
自分の身も、他の人をも助けられます。
熱中症を知ることで暑い日を乗り切りましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇