ボジョレーヌーボーの日本の解禁日は?いつから広まる?日本だけ?

ワイン

ボジョレーヌーボーが解禁されるよ、と毎年11月はお祭り騒ぎになります。ボジョレーヌーボー人気は、日本だけなんて言われますけど実際のところどうなんでしょう。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの2015年日本の解禁日は?

毎年11月の第3木曜日がボジョレーヌーボーの解禁日、つまり、販売開始が出来る日時のことです。ボジョレーヌーボーの2015年日本の解禁日は11月19日になります。

ボジョレーヌーボーとは、フランスのボジョレ地区で作られる新酒ワインのことです。一般的なワインは何年か寝かせますが、ボジョレーヌーボーは作られてすぐ飲みます。

ちなみに、ボジョレーヌーボーを解禁前に販売しても法律的な罰則はないようです。ただ、業者間の契約があるかもしれませんし、仮になかったとしても翌年から取引が困難になってしまうでしょうから、解禁日は守られています。

ボジョレーヌーボーが日本に広がったのはいつから?

そもそもボジョレーヌーボーが日本に広がったのは、バブル期といわれています。

日本人の初物好きなところや収穫祭のようなイメージから、ボジョレーヌーボーの一見煽り文句(?)のようなキャッチコピーも付けられたり、イベントなども開かれ、広がっていったようです。

ボジョレーヌーボーのキャッチコピーを一覧としてまとめてみました。

1998年 10年に1度の当たり年
1999年 品質は昨年より良い
2000年 出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年 ここ10年で最高
2002年 過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え
2003年 100年に1度の出来、近年にない良い出来
2004年 香りが強く中々の出来栄え
2005年 ここ数年で最高
2006年 昨年同様良い出来栄え
2007年 柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年 豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
2009年 50年に1度の出来栄え
2010年 2009年と同等の出来
2011年 2009年より果実味に富んだリッチなワイン
2012年 史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全
2013年 みずみずしさが感じられる素晴しい品質
2014年 エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい

スポンサードリンク



ボジョレーヌーボーが盛り上がるのは日本だけ?

本場フランスをはじめ日本以外ではさほど騒がれないボジョレーヌーボー。盛り上がるのは日本だけとも言われています。

フランスより時差の関係で日本の方が半日早く売り出されるので、より特別感が沸くのかもしれません。「世界で一番早い」と思っている方も多いでしょうけど、これは違います。一番早いのはニュージーランドです。とはいえ早い方であるのは間違いないので、「0時に解禁」といったお祭りになるのでしょうね。

また、ボジョレーヌーボーが盛り上がるのは、企業努力販売努力であることも確か。日本のビジネスマン、頑張っています。

まとめ

ワイン通の方からするとボジョレーヌーボーは異端なのかもしれません。ただ、ワイン初心者の方がワインに触れるきっかけになっているのも事実。

2015年のボジョレーヌーボーは、どのような出来なんでしょうね。キャッチコピーともども楽しみです。


◇おすすめ記事◇