インフルエンザの時にはどんな食べ物が回復に役立つの?

インフルエンザにかかってしまった時、
どんな食べ物を食べることで、回復に役立つのでしょうか?

発熱時や熱が下がった時など、症状別に紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザの時にはどんな食べ物が回復に役立つの?

インフルエンザにかかり発熱すると、体力が落ちてしまうので、
食べられるものから少しずつでも食べるようにしましょう。

喉ごしのいいヨーグルトやゼリーや、
ビタミンを摂取するためにも、野菜をスープにしたりして、
いろんな栄養素を少量であっても摂るように心がけましょう。

ただし、熱があって食欲がない場合は、無理に食べる必要はありません。
食欲が少しでもでてきたら、でかまいません。

インフルエンザ時に摂りたい食べ物
たんぱく質
免疫力を強化し、病気への抵抗力を高めてくれます。
白身魚、しらす干し、ササミ、卵、豆腐など

ビタミンA
鼻やのどの粘膜を助けてくれます。
牛乳、乳製品、卵など

ビタミンB群
エネルギーの供給や老廃物の代謝にはたらきます。
豚肉、卵、海苔など

ビタミンC
体内に侵入したウイルスを攻撃し、免疫力を高める効果があります。
キャベツ、パセリ、じゃがいも、ブロッコリー、いちご、みかんなど

ビタミンE
体の抵抗力を高めてくれます。
かぼちゃ、大豆、玄米、アーモンドなど

インフルエンザで熱がある場合の食事

熱があるときは、食欲はないのが当然です。
とはいっても、発熱時には、体の中の水分が失われているので、
脱水症状にならないように水分補給をしましょう

水分は、水や白湯でもいいのですが、
塩分や糖質も補給できるスポーツ飲料がいいですね。

熱が出ると買い物に出かけることも無理ですよね。
なので、私はスポーツ飲料の粉タイプを常備しています。
いざという時に役立ちますよ。

ヨーグルトやプリンのようなのどごしのいいもの、
ゼリー状の栄養補助食品などで、
少しでも栄養を摂るようにしましょう

普段あまり飲まないのですが、
私は熱がでると無性にヨーグルト飲料が飲みたくなります。
体が欲しているんだと思います。

固形のヨーグルトもヨーグルト飲料も、
形が違うだけで同じ物なので、ヨーグルト飲料もいいですよ。

スポンサードリンク

インフルエンザで熱が下がった場合の食事

熱で体力が消耗していますので、
少しずつでも栄養を摂取していく必要があります。

良質のたんぱく質や野菜を使った食事にしましょう。
胃腸が弱っているので油を使った料理は避けるようにし、
蒸す、煮るといった調理方法にしましょう。

ただし、調子がよくなってきたからと言って、
どんどん食べると、まだ消化機能が低下したままなので嘔吐することもあります。
少しずつ様子を見ながら量を増やしていきましょう。

まとめ

熱が出るとなにも食べたくないものですが、
インフルエンザから早く回復するためにも栄養補給が大切です。

無理をしてはいけませんが、
少しずつでも栄養を摂るようにしましょうね。

■インフルエンザの更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇