窓際の寒さ対策をしましょう!窓用プチプチの貼り方

窓 寒さ 対策

エアコンやストーブで部屋を暖めているのだけれど、
窓からひんやりとした冷気が入ってくることありますよね。
窓際の寒さ対策をすると、暖かさが変わってきます。
プチプチを貼ってみた感想やカーテンの隙間風対策をご紹介します。

スポンサードリンク

窓際の寒さ対策をしましょう

寒い日に窓ガラスに顔を近づけると、
ひやーっとした経験ありませんか?

窓から暖気が最も逃げやすいので、
寒さ対策をしないといけないんですよね。

基本的に、ブラインドよりカーテンの方が、
カーテンより障子の方が暖かさを保てます。

とはいうものの、
フローリングの部屋にいきなり障子を
持ってくるわけにもいかないですよね。

窓際の寒さ対策のひとつに、
窓ガラスの内側に窓用プチプチ(断熱シート)を貼るというものがあります。

窓 プチプチ 貼り方

我が家でもやってみましたが、
窓のそばに行っても今までほど寒くなく、
貼ってよかったな、って実感してます。

窓用プチプチのといってますが、
家具の購入時などに巻いてある緩衝材のプチプチと、
窓用につくられているプチプチは構造が違います。

緩衝材プチプチでもいいのですが、
やはり、寒さよけにしたいなら、
窓用プチプチにした方がいいと思いますよ。

外から見たらイマイチなので、変な家と思われるか、
とっても寒い家なんだろうなと思われるかもしれませんが、
暖かいのが一番ですので気にしてません。

部屋の中ではレースのカーテンを引いていたら何も気になりませんし、
逆に目隠しになってくれるので良いなって思ってます。


スポンサードリンク

窓用プチプチの貼り方

用意するものは、
窓ガラスのサイズに切らなければいけないので、
ハサミまたはカッターとものさし。
水で貼るタイプだったので、霧吹き。
濡れタオルで窓を拭いても大丈夫でしたよ。

窓用プチプチの貼り方
1.窓の汚れをきれいにふき取る。
2.ハサミやカッターで断熱シートを窓の大きさにカットする。
3.霧吹きで水を吹きかける。
4.窓に貼る側を間違えないように注意しながら、シートを軽く押さえながら貼る。

シワが出来たとしても何度も貼り直せますので、
失敗を恐れず貼って大丈夫ですよ。

私が買った断熱シートには、
「ガラス面側」というシールがあったので、
最後までシールを残しておいて、
裏表を間違えないように気をつけました。

プチプチ 裏表

購入前には窓のサイズを計って、
サイズに合ったものを買うようにしましょう。

網入りガラスや熱線反射ガラスは、
熱がこもってガラスにヒビが入ることがありますので、
説明書きを確認してください。

カーテン下の隙間風も気をつけて

カーテンは厚地のものほど暖かいですが、
床と裾の間の隙間があると冷気が床に伝わってしまうんですよね。

カーテンの長さが床につくぐらいの長さであれば問題ないんですけど、
買いかえるのも大変ですしね。

そんな時は、
窓際の冷気ブロックパネルを立てかけるのが簡単です。

古い家で窓枠に隙間がある場合は、
隙間テープを貼って対処するといいですよ。

まとめ

冬場は、熱の48%が窓から逃げてしまうそうです。
断熱のための改修をするのが一番いいでしょうけど、なかなか難しいもの。

限定的かもしれませんが窓際の寒さ対策として、
窓用プチプチは貼り方が簡単ですので、試してみてください。

カーテン下の隙間風対策もして、暖かく過ごしてくださいね。


◇おすすめ記事◇