年賀状の投函期限2018年から要チェック!発売日や抽選日も

年賀状 投函期限

郵便はがきの料金改正によって、
年賀状の投稿期限がとっても重要になってきたんです。
どうしたらいいのか、発売日や抽選日についてもご紹介します。

スポンサードリンク

年賀状の投函期限は2018年から要チェック!

年賀状の投函期限を2018年分からは要チェックしておきましょう。

なぜ注意が必要なのかというと、
郵便はがきの料金が2017年6月1日から
52円から62円に値上げになったことから始まります。

普通はがきが62円になったので、
当然年賀はがきも62円・・・かと思ったら、
なんと52円なんですね。

年賀はがきは52円に据え置かれたんなら、
懸賞用に多めに年賀状を購入しておいて、
使っちゃおうかな、って思ったんですけど、
世の中そうは甘くない。

年賀状が52円で使えるのは、投函期限があるんですって。

毎年12月15日から翌年の1月7日に投函された年賀はがきは
「年賀特別郵便」として52円に据え置かれる
そうです。

この際の年賀状というのは、
日本郵便が発行する年賀はがきと
通常はがきや私製のはがきの表面に「年賀」の文字を朱記したものになります。

52円の年賀状の投函期限が決まっているので、
52円で出したいときは、しっかり期間を守りましょう。

例え年賀はがきだったとしても
期間を過ぎると普通はがきと同じ62円扱いになってしまいます。

料金不足の郵便はどうなるの?

年賀状の発売日はいつ?

年賀状の発売日は
例年、11月1日前後の発売となっています。

*2018年の年賀状の発売日が正式発表されました。
2017年11月1日から2018年1月5日までの販売です。

年賀葉書の図柄の種類は、
スヌーピー(無地 インクジェット紙) 52円、
ディズニーキャラクター(ミッキーとミニー)(無地 インクジェット紙) 52円、
ハローキティ(無地 インクジェット紙) 52円、
いろどり年賀(うぐいす)(無地 インクジェット紙) 52円、
寄附金付絵入り(通信面の全面に淡い色合いで干支) 57円、
広告付年賀(エコー年賀) 47円
です。

*広告付年賀葉書(エコー年賀はがき)は、
福島県飯舘村が2017年3月31日に避難指示解除になり、
今まで支えてもらった感謝とこれから新しい村を作っていくという気持ちを込め、
エコー年賀はがきを30万枚発行します。

販売は、福島県福島市、伊達市、相馬市、南相馬市、川俣町、国見町、桑折町、
新地町及び飯舘村内の全ての郵便局です。

年賀はがきの抽選日2018

抽せん会は例年1月に実施します。
商品の交付期間は、原則として抽せん日の翌日から6カ月間になります。

*2018年の年賀はがきの抽選日が正式発表されました。
2018年1月14日です。

スポンサードリンク

2018年は戌年

2018年の干支は戌年です。

戌年の年賀状はおしゃれなイラストや
かわいい犬の写真のデザインがいいですね。

戌 犬

戌と犬の違い知っていますか?

犬は、ワンちゃんのことですが、
戌は、ワンちゃんとは関係がないそうです。

では、なぜ干支で戌をイヌというのかというと、
十二支がわかりやすいように動物をあてはめたため、
戌=イヌとなったそうです。

ちなみに、戌と犬になんの接点もないそうです。
不思議ですね。

まとめ

年賀状の投函期限は、2018年分から52円で送るためには、
毎年12月15日から翌年の1月7日に投函されたものになります。

年賀状の発売日や年賀はがきの抽選日もチェックして、
年賀はがきを楽しみたいですね。

戌と犬になんの接点もないのも面白いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■

◇おすすめ記事◇