マイナンバーが受け取れない!引っ越してたら?提示する時は?

マイナンバー 受け取れない

マイナンバーを受け取れない場合、10月5日前後に引越した場合、
結局マイナンバーは受け取れないのでしょうか?
提示するのは、どのような時なのでしょう。

スポンサードリンク

マイナンバーが受け取れないときは

マイナンバーは簡易書留で送られてきますが、
仕事で受け取れない場合がありますが、
本人が受け取れるなら、職場への転送も可能です。

長期出張の人や実家に住民票を置いたまま異動していな学生は、
マイナンバーを受け取った家族から転送してもらう必要があります。

長期入院や介護施設に入っているひとり身の方は、
手元に届かない場合のもあるので市区町村に相談しましょう。

10月5日前後に引っ越したらマイナンバーはどうなるの?

10月5日前後に引っ越しをし、転入届を5日以降に出した場合は、
マイナンバーの通知カードは前の住所に送られます。
簡易書留は、転送してもられません。

11月下旬になってもマイナンバー通知カードが届かない場合は、
10月5日時点の住民登録のある市区町村に問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

マイナンバーを提示が必要な手続き

2016年からの所得の確定申告から必要になるので、
会社員からパート、アルバイトまで、勤務先から提示を求められます。

健康保険や厚生年金の加入、給与の源泉徴収、
失業手当を受けるときはハローワークにマイナンバーを提示しなければいけません。

児童手当の申請や出産一時金の支給、予防接種の履歴確認や
日本学生支援機構の奨学金の申請にもマイナンバーの提示が必要です。

介護保険のの利用手続きや老人ホームへの入所、高額療養費の手続き、
個人年金の受け取りにもマイナンバーの提示が必要です。

まとめ

生涯にわたって利用することになるマイナンバー。
通知カードは、市区町村によって発送時期が異なり大都市は遅くなりそうです。
11月下旬になっても届かない場合は、住民票のある自治体へ問い合わせましょう。

■更なる情報はこちら■
マイナンバー制度とは?いつから?マイナンバーの使い方
マイナンバーの個人番号カードの申請方法とメリットもし紛失したら?
マイナンバーの配布時期は?郵便局が配送、問い合わせ先
マイナンバーでやること 会社員・アルバイト・パート・子供
マイナンバーのデメリットとマイナンバー詐欺にご注意!
マイナンバーの配達状況を知るには?郵便局の取り組み
マイナンバーはいつ届くの?総務省は11月中に配達と
マイナンバーの配達状況と自治体の対応や年末調整について
マイナンバー届いた!名前のふりがな違いで問い合わせ
マイナンバーになると住基カードはどうなるの?違いは?切り替え時期


◇おすすめ記事◇