台風が接近時の備えと接近してきたらしてはいけないこと

台風 接近

台風が接近してきたときには、備えないといけないですね。
避難の可能性もあるので、台風の備えとして持ち物を準備するようにしましょう。
台風の最新情報をしっかり確認して、自分や家族の身を守りましょうね。

スポンサードリンク

台風が接近してきたら備えを!

台風が接近してきている!
台風情報をしっかりと知って、対策を始めましょう。

台風の最新情報を確認

テレビ、ラジオ、ネットなどから、最新の台風情報を確認しましょう。
台風の進路予想や大きさ、雨量、風の向きなどチェックしましょう。

室内や家の周囲を確認

強い風で飛ばされたり、倒れたりしそうなものがないか、確認しましょう。
飛ばされそうなものは家の中に片付けたり、倒れそうなものは、先に倒しておくのもいいですね。
窓ガラスの養生テープなどで補強しましょう。
雨戸を閉めたり、窓ガラスが割れたことを考えてしめておくようにしましょう。

ライフラインを確認

台風になるとライフラインが途絶えてしまうかもしれません。
やかんなどに水をためて飲料水を確保したり、お風呂の水は抜かずに残しておきましょう。
避難の可能性もあるので、台風の備えとして持ち物を準備しましょう。

持ち出し品の例

懐中電灯
ラジオ

おむつ・ミルク
モバイルバッテリー

連絡手段を家族で確認

ハザードマップで歩いて行ける場所を避難場所、待ち合わせ場所として家族で決めておきましょう。
車での避難は途中で道路が冠水して車が止まってしまうことがあります。
道路上に動かない車があると他の方が困りますし、なんといっても本人が避難できなくなってしまいます。
徒歩で避難できる場所がいいですね。
連絡手段も話し合って決めておきましょう。

台風が接近してきたらしてはいけないこと

不要な外出はしない

気になるのはわかりますが、増水した川や用水路を身に行くのはやめてください。
水のチカラはとても大きいもので、いつもはチョロチョロ流れている用水路でも大雨で水の流れが速くなっていることもあります。
増水すると、側溝と道の区別がつかなくなることもあります。
海岸は、高潮などの恐れもありますから、絶対に近づかないでください。

台風 備え 持ち物

屋外の作業はしない

雨漏りがするのでビニールシートを、と考えたりするかもしれませんが絶対にやめてください。
風が弱いからいいやと思っても、急に強い風が吹いてくることもあります。
地形によっても異なるのですが、台風の中心が過ぎても4から5時間ご吹き替えしが起こることもあります。
危険ですのでやめてください。

スポンサードリンク

防災の3K

防災の3Kとは「気づく・考える・行動する」です。
災害に気づき、どうするかを考え、行動するというものです。

避難する場合は、必要最低限の持ち物をリックに入れて、動きやすい服装でしましょう。
長靴は、雨水が靴の中に入ると重たくなるので、運動靴で動くようにしましょう。
できるだけ二人以上で、浸水していない場所を歩きましょう。
雨が降っている場合は、傘ではなくカッパにしましょう。
傘は杖替わりにもって、道と側溝の区別がわかりにくい場所では道の確認に使うといいですね。
風が強い場合は、何が飛んでくるかわかりませんから周囲に気を配ってください。
明るいうちに避難しましょう。

行動するというのは、避難することとともに逃げないという行動もあります。

夜になって周囲が暗くなっていたり、雨脚が強い場合は、自宅にとどまることがいい場合もあります。
状況を踏まえて、考えて行動してください。
家に留まる場合は、ガケとは反対側の部屋にいるようにしましょう。
テレビやラジオは情報を得るために付けたままにして、スマホは充電しておきましょう。

まとめ

台風が接近してきたら備えをしましょう。
台風の最新情報や室内や家の周囲、ライフラインを確認しましょう。

不要な外出や屋外の作業はしないようにしましょう。

災害に気づき、どうするかを考え、行動してくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。