機内持ち込みスーツケースのサイズ・身の回り品・ できないものは?

機内持ち込み スーツケース

飛行機に乗る時に、心配なのがどんなものが
機内持ち込みできるのかということ。
スーツケースのサイズなど参考にされてください。

スポンサードリンク

機内持ち込みできるスーツケースのサイズ

規定サイズ以下なら機内にスーツケースが持ち込みができます。


国際線
サイズは、高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm以内
重さは、7㎏~20㎏以内。

航空会社により重さは違いがあります。
飛行機の機種や混み具合でも変わってくるので、
各航空会社にお問い合わせください。


国内線 100席以上
サイズは、高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm以内
重さは、10kgまで

国内線 100席未満
サイズは、高さ45×幅35×奥行20cm以内、3辺の合計100cm以内
重さは、10kgまで

機内持ち込みできる身の回り品のサイズ

スーツケースのほかに、機内持ち込みができる身の回り品があります。

身の回り品は、規制が特にないんですよね。

ハンドバッグ、ノートPC、お土産、雑誌などなのですが、
頭の上の収納棚に収納できる、
または、座席下の収納スペースに収納することになります。
身の回り品は収納棚や座席下の収納スペースに入るサイズが目安になります。

大きいものを持ち込んで、
他の方の迷惑にならないように気をつけましょう。
大きいものは「預け荷物」として預けましょうね。

スポンサードリンク



機内持ち込みできないものは?


持ち込みも預け入れも絶対持ち込めない物
ガス、燃料、火薬、毒性・酸化性物質などの危険物

持ち込みはできないけれど預け入れはできる物
ハサミやナイフなどの刃物や工具
ゴルフクラブ・竹刀・サーフボードなど長いもの
100ml以下の容器に入れた液体を
たてよこ合計40㎝以下のジッパー付き透明プラスチック袋に入れる
(1人1袋のみ)

液体物は少なく感じるかもしれませんが、
機内持ち込みができないだけで、
預け入れはできるので安心してください。

まとめ

前もって調べておけばスーツケースの購入時にも役立ちますし、
空港でもめることもありません。

楽しい旅になりますように!


◇おすすめ記事◇