墓花はどんな種類がいい?生花・造花を買うのはどこ?

墓花 種類

墓花にはどのような種類の花を選べばいいのか、悩みますよね。
また、お墓供える花は造花ではいけないのか、
お盆花はどこで買うのかなど、お墓にお供えする花についてご紹介します。

スポンサードリンク

墓花に使われる花の種類

お墓にお供えする花は、白・黄色・紫が一般的でしたが、
最近は、亡くなられた方が好きだった花や、
庭に咲いている花など、好きな花をお供えする方が多くなりました。

トゲがあったり、香りが強かったり、つる性の花は
墓に供える花としてはふさわしくないと言われていますが、
これも最近ではあまり厳しく言わなくなっています。

とはいえ、お墓を守っている方に一応確認しておくと、
後からもめごとがなくなると思いますよ。

墓花の本数ですが、奇数が縁起がいいと言われているので、
3、5、7という奇数の本数にするといいですね。
墓の左右に墓花を飾りますから、2組(一対)必要となります。

お墓に、あまりたくさんの花を持っていってもお供えすることができません。
墓花立ては、一般的には口径が5センチくらいのものが多いので、お花の量の参考にされてくださいね。

墓花に使われる花の種類は、
菊やリンドウ、スターチス、トルコキキョウ、カーネーション、グラジオラスなどです。

故人の方の好きな花が分かれば、たとえトゲのあるバラだったとしても、
バラをお供えしてあげればいいと思います。
トゲが気になるようでしたら、お花屋さんに話しをしてトゲをとってもらうこともできますから。

例えばお孫さんと一緒に墓花を買いに行って、
「この花がいい!」といった花があったら、その花を加えてあげてもいいですね。
天国のおじいちゃんだって、かわいい孫が選んでくれた花は、とても喜んでくれるはずです。

花屋さんに行くと「墓花」と「仏花」が売っている場合がありますが、
墓花と仏花の違いは、ずばり長さです。
墓花は55センチくらいのものが多いですが、仏花は35センチくらい。仏花の方が短いんですね。
長さは違いますけど、どちらを墓花に使用してもかまいません。

墓花は造花でもいいの?

墓花に造花ってどうなんだろう、というお話を聞いて、
九州在住の私は逆に「えっ?」と思いました。
だって、普通に造花をお墓にお供えしている方多いですから。

お墓は九州にあるけど、今は遠く離れて住んでいてなかなか墓参りに来れない方は、
長く花を飾っていたいという想いがあるのではないかと思います。

現実問題として、お盆の時期は大変暑いです。
特に日差しは痛いくらいですから、コップに水をいれてちょっと外に置いておいただけでも、
日差しの熱ですぐ生ぬるくお湯の一歩手前くらいになってしまいます。
いくらお墓といえども、これでは生花は長持ちできません。

お参りしてすぐ花をもちかえる場合は別ですが、
そのままお供えしておくのなら、造花にしようと考えるのは決しておかしな話ではないと思います。

お寺さんにお参りされた時、本堂をのぞいてみてください。
常花(じょうか)と呼ばれる金属製や紙製などで作られた花が使用されてますのを見ることができます。
お寺さんだって、生花ばかりではないんですよ。

そもそもなんですけど、なぜお墓や仏壇にお花をそなえるのでしょうか?

故人へのお供え物は「香華灯明(こうげとうみょう)」といい、
「香」はお線香、「華」はお花、「灯明」は仏教の教えを指します。
お花は、仏様への慈悲を表しているんですね。

生花であるか、造花であるか、ということよりも、
そこにある花を通じて、仏さまの教えを感じることが大切です。


スポンサードリンク

お盆花はどこで買う?宅配も手!

お盆花は、お花屋さんはもちろんスーパーの花売り場でも買えます。
他にも霊園でしたらその中の売店や、お盆やお彼岸の時期だけ、
道路沿いに臨時の花屋が出来ることもあります。

私の経験からですが、近くに霊園があるスーパーの方がお花の品ぞろえが多いですし、
また、田舎へ行けば行くほど、自宅に仏壇を持たれている方が多いせいか、
お花をたくさん取り扱っているように思います。

それはコンビニでも一緒で、少しですが仏花を置いていますよね。

とはいうものの、お盆花を買いに行く時間がないこともありますので、
前もって宅配などで取り寄せておくのも手だと思います。

お盆やお彼岸になると、お花の値段ってグッと跳ね上がることがるんですよね。
ネット通販なら値段が確定しているので安心です。

楽天 お盆花 をチェック!
花キューピット お盆花 をチェック!

まとめ

墓花の種類はいろいろありますが、故人の好きな花や供えたい花でいいと思います。

墓花が造花であっても、決して失礼にはならず、
一番大切なのはお花の先に見える仏さまの教えをしっかり見ることです。

お盆花は宅配で準備するのも手です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。