ツイッターで災害情報、災害時に活用するには?災害時の使い方

ツイッター 災害情報

ツイッターは災害時の情報伝達手段として注目されています。
いざという時に備えて、どのように活用したらいいのか知っておきたいですよね。

スポンサードリンク

ツイッターで災害情報

ツイッターで災害情報を活用する自治体が東日本大震災以降増えてきました。
政令都市は2011年3月では5%ほどだったのですが、2015年3月時点では90%に達しています。

北関東・東北の豪雨の際も、仙台市危機管理室はツイッターで災害情報を投稿していました。
ホームページ上にも載せていたそうですが、
情報伝達手段はたくさんあった方がいいとの判断だったそうです。

ツイッターのすぐに相手に伝わる即時性と、
一気にホームページにアクセスが集まってサーバーダウンしてしまうことが起きにくいというのも
ツイッターの利点です。

ツイッターを災害時に活用するには

ツイッター社は、災害時にツイッターを上手に活用するためのルールを提唱してます。

⇒ 防災の日:災害時にTwitterを上手に活用するために(ツイッター社)

救助要請する方は、現在位置の住所を記載して、
可能なら写真も添付、GPSの位置情報を通知できるように設定しておくこと、
#(ハッシュタグ)救助」つけるようにしましょう。

スポンサードリンク



ツイッターの災害時の使い方

消防庁は、ツイッターの情報は災害時に参考にはしているそうですが、
本物の災害情報なのか、確認をとるのに時間がかかるため、
救助要請のツイートは原則通報として取り扱っていないとのことです。

救助要請は、通報者と直接やりとりできる119番で連絡してほしいそうです。

ツイッター社も、救助要請のツイートを見つけた方は、
ツイッターで被災者と連絡取って、代理で119番をしてほしいとのことです。

そして、救助要請を出した方は、救助された後は古い情報がネット上に残ることを防ぐために、
救助要請のツイートを削除してください。

まとめ

北関東・東北の豪雨の際には、
救助要請ではないツイートにも「#救助」が多くつけられていたそうです。

本当に救助を求めている情報を埋もれさせないためにも、
ツイッターの災害時の使い方を身につけたいですね。


◇おすすめ記事◇