仏壇前座布団の敷き方とサイズやカバー

仏壇前座布団 敷き方

仏壇の前に敷く座布団って、どの方向に置いたらいいんでしょう。
そもそもどっちが上?仏壇用座布団カバーってあるの?
簡単なようで、よくわからないこと多いですよね。
仏壇前座布団のあれこれをご紹介します。

スポンサードリンク

仏壇前座布団の敷き方

仏壇用座布団には前と後ろと向きが決まっているんです。

縫い目がない方が前、つまり仏壇側で、
縫い目がある方が後ろになります。

仏壇前座布団 サイズ

カバーをかけている場合は、ファスナーがある方が後ろになります。

仏壇前座布団を敷く時は、
真ん中にフサがある方が上になります。

仏壇用座布団カバー

四方のフサもバラバラではなくまとめておくと、
仏壇用座布団のきれいな置き方になりますね。

仏壇前座布団のサイズ

仏壇前座布団のサイズは、メーカーさんによって違いますが、
客用座布団よりも大きく、綿もたっぷり入っています。

一般的な座布団のサイズは、
銘仙判サイズといわれる55×59cmのもので、
おおよその仏壇用座布団のサイズは、
一回り大きい緞子判サイズといわれる63×68cmのものが多いようです。

ご住職が法要の時には袈裟を着られますが、
普通サイズだとちょっと座布団が小さくみえてしまいますので、
ご住職がみえられるときには用意しておきたいですね。

仏壇前座布団には、水蓮や竜、金鳳などの柄ものや、
夏用に涼しげな柄ものやい草製もあります。

押し入れなどに保管している場合は、
使用する前に虫干ししておきましょう。


スポンサードリンク

仏壇用座布団カバーもあります

仏壇用座布団が色があせてきたり、
季節で気分を変えたいなという場合にはカバーもありますよ。

座布団は大きさにバリエーションがあるので、
購入時は仏壇用座布団のサイズをしっかり確認してくださいね。

まとめ

仏壇前座布団の敷き方や仏壇用座布団カバーの話は、
必要になって初めて気になることですよね。

参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。