お彼岸に行けない時の対処法やお供えを送る時期

お彼岸 行けない

お彼岸に行けない時はどうしたらいいのでしょうか。
お供えやお金を送る時期はいつがいいのかご紹介します。

スポンサードリンク

お彼岸に行けない時の対処法

お彼岸期間にお参りに行けないことが分かった時に、
「どうしても日程に都合が付かず、申し訳ありません」
すぐに連絡しましょう
このひと言があるかないかが、大切です。

行けないかわりといってはなんですが、
お供えするお花や御供えなどを送ります。

御彼岸に行けないけれど、
お参りしたい気持ちはありますよと伝えることができます。

そして、心の中で手を合わせるだけでも、
十分な供養になるように思いますよ。

お彼岸にお供えを送る時期

お彼岸のお供えは彼岸の入りの前日まで
少なくとも中日までには届くようにしましょう。

お供えが品の場合は「御供」の掛け紙をします。
お菓子や線香が一般的で商品に送料もかかるのでトータルで考えましょう。

まず日持ちがするもの
故人が好きだったもの、先方のご家族が喜びそうなもの、
自分の住んでいる場所の名産品などがいいですね。

お金の場合は「後仏前」と書いてで5000円くらいでしょう。
郵便書留で送ることができます。
お金は受け取らない方もいらっしゃるので、
それとなく親戚などに聞いてみるといいですよ。


スポンサードリンク

2016年秋の彼岸はいつ?

お彼岸の入りまでにお供えを送ろうと考えていても、
2016年の秋のお彼岸がいつなのか分からないと行けないですね。

彼岸入りは9月19日
彼岸の中日は9月22日
彼岸明け9月25日

お供えは出来るだけ彼岸入りである9月19日までには届けたいものです。
遅くとも彼岸の中日の9月22日までには届けられるよう、
しっかり準備をしたいですね。

まとめ

お彼岸に行けない時は早めに電話で御断りをいれましょう。
お供えを送る時期を誤らないように、
お彼岸がいつからいつまでなのか、
事前にしっかり確認しておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。