現金書留の封筒の購入場所と書き方

現金書留 封筒 購入

現金書留でお祝いや香典などお金を送ることになったのですが、
現金書留を送ることはそうそうあることではないので、
どうしていいかわからないものです。
現金書留の封筒はどこで購入するのか、書き方や
土日も受け付けしてくれるのか、ご紹介します。

スポンサードリンク

現金書留の封筒はどこで購入するの?

現金書留の封筒は郵便局で購入します。
コンビニにはないので郵便窓口で、1通が21円で、
一度に何通も買うことができます。

現金書留 書き方
以前の現金書留は住所などを書く欄がカーボンになっていたのですが、
現在カーボン式ではありません。

「実家にまだ古い現金書留の封筒があるんですけど使えますか?」
と郵便局の窓口で聞いたら、「大丈夫ですよ」という回答を頂いたので、
旧現金書留の封筒は今でも普通に使えますよ。


スポンサードリンク

現金書留の書き方

届け先と差出人の住所氏名を記入します。

現金書留の封筒は白い封筒の外側に、
茶色の封筒がある2重構造になっています。

白い封筒の中に、お金と手紙などを入れます。

封筒の封の仕方が袋の裏面に書かれているので、
その通りに折りたたみます。
(白い中ふた⇒茶色の下ふた⇒茶色の上ふた)

現金書留 書き方
現金書留に封をしたら、割り印をします。
割り印は、印鑑でもシャチハタでも
印鑑の代わりに苗字をボールペンでサインしても構いません

要は、封筒が開けられていませんよ、というのが分かればいいのです。

封をしたら郵便局の窓口に出します
現金書留は、ポストに出すことはできません。
料金を計算してくれますので支払います。

表面データを読み取って印字されたレシート
書留・特定記録郵便等受領証(お客様控)が発行されます。

現金書留 土日 受付
あとで問い合わせ番号が必要になるかもしれませんので、
失くさないようにしましょう。

現金書留は土日でも受付してくれるの?

現金書留は、窓口からしか送れません。
ということは、平日のみですよね。
休みの日に送ることができないのでしょうか?

現金書留は土日でも受付してくれます

ただし、どの郵便局でもいいわけではなく、
「ゆうゆう窓口」が設けてあるその地域の集配を行っている
大きな郵便局で受け付けしてくれます。

ゆうゆう窓口・集荷に関する連絡先を調べる

まとめ

現金書留の封筒は郵便局で購入し、
現金書留の書き方は、住所氏名を記入し、
封をして割り印をして郵便局の窓口に出します。
現金書留は土日でもゆうゆう窓口で受付してくれますよ。

現金書留の到着確認の仕方と保証金額や料金計算方法
現金書留の疑問解決!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。