検索したキーワードを個別に削除する方法 Chrome・IE・Firefox

検索 キーワード 削除

インターネットで調べものするために、
検索窓にキーワードを入力しますよね。
すると次に検索するときに、過去に入力した文字列が表示されます。
たくさん検索するとどんどん文字列が多くなって、
なんだかうざったいなぁ、と思うことがあります。
必要なものは残して、いらないものを削除したいときの方法を、
プラウザ別にご紹介しますね。

スポンサードリンク

検索したキーワードを個別に削除するとは

検索したキーワードが次に検索したときに
文字列が現れることをオートコンプリートと言います。

オートコンプリートは、以前入力した文字列を記憶させることによって、
自動的に候補をリスト表示してくれるという、大変便利な機能です。

オートコンプリート

たとえば、ログインするときに、
ユーザー名が「abcde」だとするとフォームに「a」と入力するだけで、
テキストととして「abcde」表示してくれてるで
ユーザー名を簡単に入力することができるんですね。

ただし、最初にちゃんと「abcde」と入力してたらいいんですけど、
「abcdd」のように間違って入力してしまうと、
フォームに「a」と入力するとテキストに「abcde」と「abcdd」と載ってしまって、
なんだか気持ち悪いんですよね。

フォームエントリを全部削除してしまうのもいいですが、
折角テキスト化させている必要なものも消すこともない。
そんな時は、フォームのエントリを個別に削除するといいですね。

ブラウザ別に方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

Google Chromeでフォームのオートコンプリートを個別に削除する方法

Google Chromeでフォームのオートコンプリートを個別に削除する方法

キーボードの矢印キー[↓]でメニューを選択する

「Shift」と「Delete」を押す
フォームエントリ

Internet Explorerでフォームのオートコンプリートを個別に削除する方法


キーボードの矢印キー[↓]でメニューを選択する

「Delete」を押す

Firefox でフォームのオートコンプリートを個別に削除する方法


キーボードの矢印キー[↓]でメニューを選択する

「Delete」を押す

まとめ

検索したキーワードを個別に削除したいときは、
Chrome・IE・Firefoxのブラウザ別に紹介していますので、
試してみてくださいね。

ちょっとしたイライラが解消しますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。