熱中症対策 気温をチェックや屋外・屋内など私が実践している予防法

熱中症 対策 温度

熱中症にならないように、
熱中症対策をして予防するのが大切です。

私は熱中症になりやすいので、
あの手、この手を打って、夏の暑さを乗り切ってます。
私が実際行っている熱中症対策をお話させていただきますね。

スポンサードリンク

【体験談】わたしの熱中症対策はまず天気や気温をチェックから

わたしの熱中症対策は、気象情報のチェックから始まります。

明日の天気、気温のチェックは必須です。
暑くなるとか湿度が高いという情報があれば、
それなりに心の準備ができるというもの。

明日は暑い、そう思うことが熱中症対策の第一歩だと思っています。

【体験談】わたしの熱中症対策 屋外編

外出時、私なりに熱中症対策グッズを持参するようにしています。

帽子
タオル
腕カバー
経口補水ゼリー
冷たい飲み物
せんす

これは必須ですね。

体験談 熱中症対策 屋外

経口補水液ではなく、ゼリーにしているのは、
バッグに入れておきやすいのと軽いからです。

体調が悪くなった時、
冷たい飲み物がすぐ飲める状態ならいいのですが、
なかった場合、買いに行くのもきついんですよね。
なので、お守り替わりに持っています。

洋服も通気性のいい、涼しいものを選ぶようにしています。
見た目よりも何よりもこの時期は涼しいものですよ。

街中を歩くときは、なるべく日陰を歩くようにしています。
家族といても、私一人日陰を歩いています。

信号待ちの時も、信号機の陰に隠れているくらいです。
どのくらい隠れているのかというと考えものですが、
まぁ、気持ちですよ、気持ち。

日にちや時間に縛りがない場合ですが、
行動は、なるべく涼しい日と時間を選びます

気象情報を見て、
最高気温や天気を見ながら、なるべく涼しそうな日を選び行動します。

時間帯は、午前中もしくは夕方日が落ちてからにするようにしています。

外出先では、椅子などが置かれている休憩スペースを確認しておきます。
とにかく疲れないことが熱中症対策になります。
ちょっとでも疲れたな、と思ったら休憩するようにしています。

スーパーでも涼しい場所があるので、
暑いなぁと思ったら、立ち止まって涼むようにしています。

扇風機売り場では、実際使用して風を送ってますよね。
涼みどころとしては、完璧です。
体調が悪くなりそうな時なので、申し訳ないですが涼ませていただきましょう。

車のエアコンの風は、自分の方に向くようにしています。
車はものすごく暑くなりますからね。
わがまま言っております。
家族が暑さに強くて文句が出ないことが助かってます。


スポンサードリンク

【体験談】わたしの熱中症対策 屋内編

部屋の中は、涼しくしています。
大体、26~27度くらいですかね。

日差しが強い日は、カーテンなどで日差しを遮ったり、
涼しくする対策をし、
エアコンや扇風機も私が一番いいようにさせてもらってます。

熱中症 対策 温度

【体験談】健康管理で熱中症予防

食事はきちんととるようにしています。
睡眠もしっかりとるようにして、体調管理には心がけてます。

歩くときもマイペースを貫くようにしています。
相手にスピードを合わせてマイペースでなくなると、
知らず知らずのうちに無理ををしているんですよね。
無理をすると疲れます。
疲れると熱中症になりやすくなってしまいます。

前日の疲れの残った日なども、
ちょっとの暑さで熱中症のような状態になった経験があります。

疲れているときには無理をしない
これが原則だと思います。

周りに迷惑をかけることもあるでしょうが、
熱中症で具合が悪くなって介抱してもらったり、
家のことを代わりにしてもらうことを考えると、
無理せずマイペースで過ごさせてもらう方が、
結果的には迷惑の量が少なく済むのではないかと思っています。

まとめ

熱中症になりやすいの私している熱中症対策を、
お話させていただきました。

どれも大したことではないのですが、
小さなことを気を付けると、熱中症を予防できます。

熱中症対策も人それぞれだと思いますので、
一つの例として参考にしていただければ幸いです。

熱中症対策をして、暑い夏を乗り切りましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■