マコモダケとは?保存方法と食べ方

マコモダケとは

たまたまみかけたマコモダケ。
折角買ったのだから、食べ方を知っておいしく頂きたいもの。
マコモダケ、おいしかったですよ。

スポンサードリンク

マコモダケとは

マコモダケとは、マコモという植物の根元の茎の部分です。
マコモはイネ科マコモ属の多年草で、別名「ハナガツミ」とも呼ばれていて、大きな稲って感じの植物です。

マコモダケの特徴は、黒い点です。

マコモダケ 黒い点

マコモは、最初は真っ白なのですが、黒穂菌が寄生して夏を過ぎると根元が大きくなって、その部分をマコモダケと呼びます。

マコモダケの旬は、9月下旬から10月中旬ころです。

マコモダケの保存方法

マコモダケは、乾燥しないように袋にいれて冷蔵庫で保存します。

マコモダケ 保存

冷凍保存する時は、
使いやすい大きさに切って、さっと茹ででから冷凍保存します。

スポンサードリンク

マコモダケの食べ方

マコモダケは、クセもアク抜きも必要なく、どのような料理にでも手軽に使えます。

歯ごたえもあるので、イメージとしてはエリンギっぽいなと思いました。中国ではよく使われる食材なんですよ。

マコモダケの天ぷら

マコモダケ 天ぷら

マコモダケとベーコンのバターソテー

マコモダケ  バターソテー

他にも、炊き込みご飯やみそ汁、きんぴらなど、用途はいろいろ。

ただ、マコモダケは加熱しすぎるとやわらかくなって、折角の歯ごたえがなくなってしまいますので、気をつけましょうね。

まとめ

マコモは雑草のように扱われていた植物ですが、最近は、マコモダケとしての栽培が始まりまっています。

歯ごたえがあっておいしいものですので、もっと広がってほしいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


■もっといろんな食材はコチラ■

コメント