サングラスで肌の日焼け予防!コンタクトでも防げる?

サングラス 肌 日焼け

サングラスで肌の日焼け予防するには、サングラスの選び方も大切です。
また、目の日焼けはコンタクトでも防げるのかご紹介ます。

スポンサードリンク

サングラスで肌の日焼けを予防

目からの紫外線で肌が日焼けしてしまうので、対策としてサングラスを着用することがいいですね。
サングラスで肌の日焼けを予防するためには、どのようなものがいいのでしょうか?

サングラスは黒など濃い色のものは NG です。
サングラスの色が濃いと瞳孔が開き多くの紫外線を取り込みやすくなってしまうのです。

そもそも、サングラスは眩しいから かけますよね。
紺色のサングラスをかけると眩しくなくなるので瞳孔が開きます。
逆に、薄い色のサングラスだと、眩しいので瞳孔が小さくなります。

朝と夕方の日差しは、かけているサングラスの隙間から紫外線が入りやすくなっています。
色の濃いサングラスは,瞳孔が開いているのでより紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。
色の濃いサングラスでも UV カットされてるからいいではないかと思うかもしれませんが、結果として隙間から入ってきてしまうので気をつけたいですね。

サングラスで肌の日焼けを予防するなら、薄色のサングラスでUV カットされているものにしましょう。
UVカット(紫外線カット)率は、紫外線をどれだけカットしているかというのをパーセントで表しています。
紫外線カット率80%であれば、紫外線を80%カットしてるということになります。
他にも、紫外線透過率というものもあります。
こちらは紫外線がどれだけ通るのかということをパーセントにして表しています。
紫外線透過率が20%なら、紫外線を20%通すということ。
紫外線を80%カットしたということになります。
名前が似てるので紛らわしいですが、紫外線カット率は高いもの、紫外線透過率は低いものを選んでくださいね。

サングラスの形は、横から紫外線が入ってこないように、フレームが大きく、目の周りもカバーしてくれるようなもの一番いいですよ。

目の日焼けはコンタクトで防げる?

UV カットのコンタクトレンズは、角膜の上に直接のせているので、サングラスよりも効果がありそうですが、コンタクトは白目部分は覆われませんので、サングラスとどちらがいいのか実証はされていません。

とはいえ,普段コンタクトレンズを使われている方で日中外に出る機会が多いなど紫外線が気になるなら、 UV カットのコンタクトレンズを使用するのもありかな、って思います。

スポンサードリンク

目の紫外線対策の必要性

目の紫外線対策がなぜ必要なのかと言うと、日焼けだけではなく、色々な病気を引き起こす原因になるからです。

紫外線によって活性酸素が多く発生することによって白目が黄ばむことがあります。
角膜が傷ついて充血や痛みの原因になることもあります。
紫外線が炭水化物の糖化を起こし、老眼を促進したり、白内障などの目の老化を助長する原因になりにもなります。

紫外線が強くなる季節やアウトドアなど外にいることが多い方は、サングラスなどで目のケアをしましょうね。

まとめ

サングラスで肌の日焼けを予防するためには、薄色のサングラスでUV カットされ、フレームが大きく、目の周りもカバーしてくれるようなものがいいですよ。

目の日焼けはコンタクトで防げるかどうかは、実証はされていないのでまだわからないです。

目の紫外線対策の必要性は、日焼けだけではなく色々な病気を引き起こす原因になるので、外にいることが多い方は目のケアをしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■更なる情報はこちら■